【飲食店経営の今昔と苦戦の理由について】楽しい店づくりをしないと繁盛しない?マスク会食では、元々楽しくない。それだったら、家でおいしい弁当やテイクアウトを食べた方が良いという方が増えている

【飲食店経営の今昔と苦戦の理由について】楽しい店づくりをしないと繁盛しない?マスク会食では、元々楽しくない。それだったら、家でおいしい弁当やテイクアウトを食べた方が良いという方が増えている

 

楽しい店づくりをしないと繁盛しない?

これが、飲食業界でいままで言われてきたことです。

 

しかし、コロナの影響で、店に行くのを控える人が増え、店内で食事をされません。

 

それに、マスク会食を進められても、楽しくないです。

 

それだったら、家でおいしい弁当やテイクアウトを食べた方が良いという方が増えています。

 

このことを理解すると、弁当やテイクアウトに力を入れた方が良いです。

 

飲食店で食事をするのは、まだまだ後です。

 

弁当やテイクアウトを第二の事業の柱にする。

 

どうもこの戦略が当たりそうです。

【コロナ禍の飲食店経営について】価値の高い飲食店を作るから、価値の高い弁当づくりへ

【コロナ禍の飲食店経営について】価値の高い飲食店を作るから、価値の高い弁当づくりへ

 

なぜ、まだ新しいタイプの飲食店づくりを追いかけるのか?

いつもこの話題でいっぱいです。

 

逆に、店は持たないと決め、宅配や弁当を極めようとする方が出てきています。

 

また、宅配や弁当に参入する方が急に増え、競争が激しいです。

 

この競争下で勝つには、価値の高い弁当を作ること。

 

弁当の宅配が売れれば、固定費はかかりません。

 

また、弁当は自由度が高いです。内容をすぐに変更することができます。

 

あとは、この弁当の宅配を行っていることをどうやって宣伝するか?

 

そのためには、SNSを使うこと。自分でできないのであれば、誰かにやってもらって下さい。

 

宅配をやるだけでなく、このSNSを上手く使っている方が、一歩先へ進んでおられます。

【コロナ禍のお米屋さんの経営について】お米に関する資格が役立たなくなった。他にお米をする方法はないですか?

【コロナ禍のお米屋さんの経営について】お米に関する資格が役立たなくなった。他にお米をする方法はないですか?

 

コロナ禍で、お米に関する資格が意味をなさなくなっています。飲食店が低迷し、その分、業務用・飲食店用の米が強かったお米屋さんは、大打撃です。

 

だから、年会費を払うのも、もったいないと考えられ、脱会される方がおられます。

 

しかし、脱会しっただけでは、道は開けてきません。

 

そこで、何かアイデアが欲しいと相談があります。

 

これからお米を売って行くなら、ネットでこだわりのお米を売ること。

 

また、大手ポータルサイトに加盟したり、ホームページを作ると大きなお金がかかります。

 

だから、無料に近いSNSを使って、お米の宣伝をし、問い合わせを増やすのが良いです。

 

どの業界も良くなく、ネットで打開しようとしています。

 

ネットでどうやって売るか、それが鍵です。

 

具体的なネットの攻略・SNSの攻略につきましては、お気軽に弊社まで問い合わせください。

 

【食品スーパーの経営戦略について】新聞折り込みチラシが入らなくなった

【食品スーパーの経営戦略について】新聞折り込みチラシが入らなくなった

 

ある食品スーパーの新聞折り込みチラシが、年明けから入らなくなっています。家からはちょうど1㎞くらいのところにあります。

 

外出自粛で、買い物をする日を減らし、買い物時間も減らしている方が多いです。

 

そのため、利用するのは、近くの店だけです。わざわざ遠くまでは買い物に出かけなくなっています。

 

だから、食品スーパーも足元のお客様だけに絞り込んで経営されています。

 

また、新聞折り込みチラシのエリアを絞ったため、経費削減になります。

 

それでも、コロナの影響で、売上は順調です。

 

遠くから人を呼ぶと有利だと言われていた神話が崩れています。

 

しっかりと足元を見て商売することが大切です。

【飲食店が今を乗り切る秘策とは?】SNSをやる

【飲食店が今を乗り切る秘策とは?】SNSをやる

 

いくらおいしい料理を作っても来店されません。利用するのを控えておられます。

 

また、そのおいしくなった料理、どうやってお客様は知りますか?

 

伝えないと伝わりません。

 

そのためには、SNSをやること。自分でできなければ、誰かにやってもらって下さい。

 

また、そういうサポートを専門にやっている会社もあります。

 

飲食店もSNSが必須になっています。

 

有名ポータルサイトから、SNSへお客様の視線は移っていますので、注意された方が良いです。

【コロナ禍の飲食店経営について】気づいたら弁当屋になっていた

【コロナ禍の飲食店経営について】気づいたら弁当屋になっていた

 

緊急事態宣言が出されてから、ディナーの営業を自粛するのではなく、完全に止めて、弁当のみの販売に切り替えられた居酒屋があります。

 

日曜日でも、本日は弁当のみの販売になりますとA看板が店頭に設置されています。

 

おそらく、緊急事態宣言が解除されても、営業スタイルは変えられないと思います。

 

すぐには、お客様は戻ってきません。それに、ほんの少しのお客様では、非効率です。

 

だから、逆に弁当をさらに売ることを考えられるでしょう。

 

気付いたら弁当屋になっていたというのは、よくある話です。

 

居酒屋を止めて、弁当屋になるのも一つの道です。

【コロナ禍の飲食店経営について】テレビに出た時は、もう遅い

【コロナ禍の飲食店経営について】テレビに出た時は、もう遅い

 

最近、デリバリーサイトがテレビで取り上げられていました。売上がコロナの影響で低迷した店が、副業として始められています。フライヤー一つあればできるビジネスです。

 

ところが、いいなと思っても、登録・参加はできません。他店にエリアを抑えられています。

 

テレビに出るのは、募集目的ではなく、上手く行っているからです。

 

そうすると、他のものを探さないといけません。あるいは、違う方法を考える必要があります。

 

よく、テレビに出た時は、もう遅いと言われます。

 

だから、テレビに出たものとどうやって戦って行くかが大切です。

 

テレビに出た情報、それをどう活かすか?

 

そこを考えて下さい。