【経営相談メールより】「見積もりが欲しい」というメールより

【経営相談メールより】「見積もりが欲しい」というメールより

 

「見積もりが欲しい」「電話はしないで下さい」と言われても、これでは企画書が書けません。

 

見積もりというのは、実際にお会いして、話をお聞きしてそこから企画書にアップすることです。

 

コンサルティング費用を知りたいというのであれば、直接電話された方が早いと思います。

 

また、コンサルタント会社によって、企画書の内容や提案内容が異なります。その企画書を見たり、会った時の相性で選ばれることをおすすめします。

 

メールだけの情報というのは難しいです。

 

もう少し、接触されて決められた方が良いと思います。