【お米業界の時代変化】共同仕入れ・共同販促から一人勝ちへ

【お米業界の時代変化】共同仕入れ・共同販促から一人勝ちへ

 

どういう意味かと言いますと、昔は共同仕入れ・共同販促を行い売上を上げるという方法が多かったです。そのため、土曜日の夜や日曜日に勉強会を各地で行っておられました。私もよく呼んでいただきました。

 

ところが、今はそのような勉強会が少なくなっています。

 

それよりも、そっとネットを始めて、一人勝ちしようという人が出てきています。これからは、ネットの時代なので、そこに目を付け、独学でネットを研究する。

 

これが、これからのお米屋さんの重要な経営戦略です。

 

急に、あっというような成果を上げる。

 

なぜ、あの米屋さんが・・・

 

理由は、ネットに力を入れ始めたからです。

 

だから、みなさん、早く気付いて下さい。

 

売上を伸ばすためには、ネットが大事です。必要です。

 

そのためには、お米屋さん以外で、ネットに詳しい人と付き合って下さい。

 

それが、お米屋さんの一番の経営課題です。