【個人の飲食店がチェーン店に勝つ方法】味の濃さで勝つ

【個人の飲食店がチェーン店に勝つ方法】味の濃さで勝つ

 

例えば、あるチェーン店のかつ丼、590円で食べやすいです。かつ丼に限らず、すべてのメニューが食べやすいです。

 

かつ丼は、食堂やとんかつ専門店へ行くと、印象に残るような味の濃さ・深みがあります。食べると、やっぱりこれだと思うような味に出会えます。

 

健康志向からより食べやすくなっている傾向が強いですが、個人店では味の濃さで勝負すべきです。

 

特に男性客は、かつ丼が大好物。癖になるような味付けが必要です。

 

食べやすいのではなく、印象に残る味付け、それを狙って下さい。