【企業の再生・立て直しについて】金融機関の支援方針が変わったので、経営改善計画書を提出して欲しいと言われた!その計画書に新たな取り組みは入っていますか?

【企業の再生・立て直しについて】金融機関の支援方針が変わったので、経営改善計画書を提出して欲しいと言われた!その計画書に新たな取り組みは入っていますか?

 

3月は、金融機関が決算期のため、各取引先の今後の支援方針が見直されます。業績が悪く、今までと同じような経営をしていると危ないと思われた会社は、経営改善計画書の提出を求められます。

 

ところが、過去の延長、未来が見えていない計画書では認められます。

 

今までやってこなかったもの、新たにチャレンジするものがその中に入っていることが条件になります。

 

しかし、社内で揉んでもなかなか新しいアイデアが出てきません。そこで、業界のプロコンサルタントに診てもらうことをすすめられます。

 

コンサルタントが入ることが条件の場合もあります。

 

全く新しい視点からの改善・改革が必要だからです。

 

例えば、Webやネット戦略を考える、実行する。窮状に陥っている会社ほど、このネットへの取り組みが遅れています。

 

コストカットだけでなく、こういうことがどこまで盛り込まれている、そこにかかっています。

 

実現可能な、夢のある経営改善計画書を作りましょう。

 

弊社でもサポートを行っておりますので、興味のある方は、お気軽に問い合わせ下さい。