【チェーン店の経営課題】チェーン店なのに味が違う?

【チェーン店の経営課題】チェーン店なのに味が違う?

 

具体的に言いますと、例えば中華料理店の餃子、同じチェーン店なのに味が違います。餃子は焼き加減が難しく、誰が焼いたのかすぐにわかります。

 

そのため、焼き方が上手な店長がいる店は流行ります。

 

このことが、どのチェーン店でも起こっています。

 

提供する料理は、全国同じなのに、店の評価が違う。差が付いています。

 

特に、腕の良い店長が提供する料理は評価が高いです。

 

でも、そのことをSNSなどにアップされていて、ますます繁盛されます。

 

マニュアル通りやれば、ある程度売れるという考えを捨て、精進することが大事です。

 

お客様は、少しでもおいしい店で食べたいと思っておられます。それに、同じチェーン店が近くにあり、どの店を選ぶかは、お客様次第です。

 

完璧焼きの餃子、憧れます。

 

そういう料理を作ることが大切です。