【中小企業の再生・立て直しについて】中小企業では、M&Aというのはなく、ほとんどが自主再建

【中小企業の再生・立て直しについて】中小企業では、M&Aというのはなく、ほとんどが自主再建

 

大手は、業績が悪くなると、M&Aを行い、再生を果たします。ところが、中小企業には、M&Aというのは、基本的にないと思った方が良いです。

 

理由は、買い手がないからです。大きな債務を抱えた会社を買って、再生する。それなら、一から事業を始めた方が良いです。

 

また、債務免除というのはないです。だから、余計に難しいです。

 

金融機関もそのことはよくご存知で、まず自主再建です。どこまで再生が可能か、黒字化できるのか、そこを見られます。

 

M&A専門の会社も赤字や債務超過の案件は、手を付けられません。難しいことをこちらもご存知だからです。

 

そうすると、後は腕利きのコンサルタントに入っていただき、改革を行うしかないです。

 

猶予期間は1年。その間に結果を出さないといけません。

 

だから、M&Aに期待するというのは考えない方が良いです。