【介護施設の再生・立て直しが難しい理由】人件費カットができない

介護施設の再生・立て直しが難しい理由】人件費カットができない

 

元々、ギリギリの人員で運営しているため、他の事業と違い、余剰人員というのはないです。逆に、人が足らない状態です。

 

そうすると、再生・立て直しで一番効果のある人件費カットという手法が取れません。

 

さらに、介護施設は、コストカットするところがほとんどありません。無駄なお金を使うところもなく、ほぼ人件費だからです。

 

結局、人件費カット以外で再生・立て直しが必要になってきます。

 

利用者を増やす。ただし、利用者が増えれば、それに見合った人員体制が必要になり、利用者増の施策と募集採用を同時に行わないといけません。

 

言葉で言うのは簡単ですが、非常に難しいです。

 

再生案件で人件費にメスを入れることができないのは、本当に痛いです。

 

だから、窮状に陥る前に、早く改革を行うことが大切です。

 

上手く行くのではと参入した介護事業、苦戦されているところが多いと聞きます。

 

金融機関も支援策で困っておられます。

 

そういう場合は、一度デューデリを行い、精査されてはいかがでしょうか?

 

利益の出るビジネスモデルをもう一組立て直す必要があります。

 

その数字を出してみて、どういうふうにしないといけないのか、把握されて下さい。