【中小企業の経営課題】中小企業は、新規事業を立ち上げる力がない。社長の発案のみ

【中小企業の経営課題】中小企業は、新規事業を立ち上げる力がない。社長の発案のみ。

 

中小企業では、なかなか新規事業というのは難しいです。常に、新規事業は社長の発案のみです。オーナー経営者の社長次第という感じです。

 

業績が悪く、業界動向も良くない場合、何か新しいことをしないといけません。

それもできるだけ、社内で案を出して、検討しながら進めるのが良いです。

 

今、業績が好調の会社でも数年後どうなるかわかりません。だから、常に新規事業のプロジェクトを立ち上げ、動けるようにしておくことが大事です。

 

社長頼み、それが中小企業の弱点です。これを克服しないと、経営は安定しません。

 

いくつも新規事業のプランがある状態を作って下さい。

 

それが、生き残って行くための大きな課題です。