【大手量販店・中堅スーパー苦戦の理由】店内が暗い

【大手量販店・中堅スーパー苦戦の理由】店内が暗い

 

私の住んでいる町の大手量販店・中堅スーパーが苦戦しています。朝一番は、レジが2台しか、開いておらず、お客様もまばら。

 

理由は簡単、照明が暗いです。

 

東北の大震災の後、食品スーパーは節電に努め、照明を落としました。日配品の冷蔵庫などかなり落とされました。

 

その後、そのまま節電に努めるところと、前の状態に戻したところがあります。

 

正直、今は明るい店の方がお客様は入っています。

 

暗い店、致命的です。

 

早くこのことに気づかないと、どんどんお客様は減って行くでしょう。

 

昔は、照度計を持って調査に行き、何ルクスあるのか調べていました。

 

少しでも明るくする。それが、一つのマーケティング戦略でした。

 

さて、これからはどうされるのでしょうか?