【企業の再生・立て直しについて】「事業性評価制度」の導入と本音の将来性と伸びしろ

【企業の再生・立て直しについて】「事業性評価制度」の導入と本音の将来性と伸びしろ

 

事業性評価制度よりも金融機関の方からは、調査を行って、本音の将来性と伸びしろをそっと教えて欲しいとおっしゃいます。

 

作られた経営改善計画書ではなく、プロのコンサルタントから見た、本音が知りたいそうです。

 

社長や役員の方との面談・ヒアリング。あるいは、幹部の方の面談・ヒアリングを行っていくと見えてきます。

 

時には、黒字転換がかなり厳しい場合もあります。

 

それと、数字には出てこない課題・問題点をどうするか?

 

SWOT分析などにも書けないものが必ずあります。

 

これを解決し、出口を見つけないといけません。

 

企業の再生・立て直しには、数字以上に難しいものが潜んでいます。