【本屋へ行かなくなった理由】中古本の普及が影響しているかも・・・

【本屋へ行かなくなった理由】中古本の普及が影響しているかも・・・

 

昔は、中古本は絶対に買わなかったです。必ず、書店の店頭で手に取ってからでないと買わない。そんな感じでした。

 

ところが、ネット通販が普及し、本は買う前に書評をチェックしてから買います。さらに、仕事や趣味で使う本は、中古本である程度綺麗そうで、安いものを見つけて買います。

 

例えば、ある経営者の奥様のデスクを見ると、本で山積みです。いくらくらいかかったのですかとお聞きすると、全部中古本なので、数千円ですとおっしゃいます。仕事に関する本は、すべて中古で済ませるそうです。

 

私もクライアント先の会社に、社員に本を買い与える場合は、中古本にして下さいと言っています。

 

また、趣味のジャンルが見つかれば、検索して探してみたくなります。その場合も数多くの本を読みたいために中古本です。

 

まだまだ、読めていない本がたくさんあるため、中古本で飽きるということはないでしょう。

 

ただし、新刊だけは安くなっていません。また、安くなっている本は、評価が低い本です。だから、人気の高い本は、安くなりません。ここは、どうするか?

 

意外なところで、本屋さんにダメージを与えているような気がします。

 

便利で、レベルの高い中古本、ますます活躍しそうな気がします。