【メール経営相談より】○○業の経営者です。約30年間経営に携わってきましたが、この度引退し、後任に従業員を就任させました。私自身は引退しますので、経営には関知しません。代わりにプロの方にアドバイザーとしてご相談にのってくださる方を探しています

【メール経営相談より】○○業の経営者です。約30年間経営に携わってきましたが、この度引退し、後任に従業員を就任させました。私自身は引退しますので、経営には関知しません。代わりにプロの方にアドバイザーとしてご相談にのってくださる方を探しています。

 

経営を従業員に譲るというのは、少し危険です。

 

理想は、従業員から役員になる人を育て、その人に会社を任せること。

 

おそらく、従業員では経営のことはわからないでしょう。

 

経営者と従業員では、全く異なります。

 

だから、もしもの時を考えて、何人も役員を作っておられる会社もあります。

 

さて、従業員の方が社長をする。どこまで続くか心配です。

 

それに、取引先との関係も今まで通りとはいかない可能性があります。

 

特に、元社長が完全に引いたとなると、取引条件も変わってくるかもしれません。

 

従業員に譲るにしても、会社形態はそのままで、少しずつ移行されるのが良いです。

 

上手く手順を踏んで、従業員を経営者に育てながら、会社を維持して行く。

 

それが、一番良い方法のような気がします。