【お米ギフトの売り方】定番商品から、話題の商品開発へ

【お米ギフトの売り方】定番商品から、話題の商品開発へ

 

お米ギフトというと、定番商品とし販売されるところが多いです。ところが、よく考えてみると、お米ギフトは提案商品でなくても、話題を活かした非定番商品でもOKです。

 

例えば、今火が付いている万葉集に引っかけてお米ギフトを作ることは可能です。

 

内祝いとかでなくても、お米ギフトの用途は幅広いです。

 

万葉集のパッケージ・デザインを作り、宣伝すれば売れるかもしれません。

 

当然、中身の米もストーリーがあるものが必要です。

 

このように、話題に上がったものを題材にしてお米ギフトを作って行く。これも一つの方法です。

 

お米ギフトは、一度作ればそれだけを販売して行くという発想を変えた方が良いです。

 

汎用性のあるお米ギフト、まだまだ可能性があると思います。