【お好み焼き・たこ焼き店の販売戦略】店頭になぜ値引きシールを貼った商品を並べるのか?

お好み焼き・たこ焼き店の販売戦略】店頭になぜ値引きシールを貼った商品を並べるのか?

 

大阪では、通の人は、たこ焼きは油が回った方がおいしいと言って、焼き立てではなく、焼いて時間が経ったものを好んで買って帰られる方がおられます。

 

また、値引きシールを貼ってある商品はやはり手が出ます。

 

それに、焼き立てを買って帰っても家に帰るまでには冷めている場合があります。

 

だから、店頭に並んでいる安くなっている商品を買って帰ります。

 

それと、店頭に安い商品を並べるのは、集客効果があります。必ず、足を止められます。

 

焼き立てだけを売っていると、チャンスロスが発生します。それを防ぐためにも店頭には商品があった方が良いです。

 

ただし、大阪の話です。