【酒専門店の経営戦略と悩み】居酒屋の売上が止まった

【酒専門店の経営戦略と悩み】居酒屋の売上が止まった

 

酒専門店が、居酒屋を開業されて売上を急速に伸ばされた時代がありました。自店のこだわった酒を安く提供する。そう意図で、いろんな酒専門店が、飲食業へ参入されました。

 

ところが、この居酒屋、今一番苦戦しています。家飲みが増えたり、若い人がお酒を飲まなくなっているため、必然的に売上はダウンです。

 

また、今から居酒屋をやろうという方もいないと思います。

 

そうすると、何かしないといけません。

 

例えば、米の店頭精米などを導入して、売上を伸ばされている方もおられます。こだわったお米を丁寧に店頭で精米して、搗き立てを販売。これも一つの方法です。

 

酒以外のものを販売する。あるいは、小売業以外の事業を行う。

 

酒にあまり期待はできなくなっています。

 

それに、今後酒のマーケットが伸びることはないでしょう。

 

酒専門店なのに、酒以外のことを考えないといけない時代になっているのかもしれません。