【コンサルティングの実例より】安いものが売れる土地

コンサルティングの実例より】安いものが売れる土地

 

従業員の方によくヒアリングを行います。そうすると、この場所は、安いものが売れる土地なんですという答えが返ってきます。

 

例えば、ワンコインランチ・500円ランチをやると大行列ができる。安いものなら、何でも売れる。その売れ方が、普通ではないらしいです。

 

逆に、安くしても売れないところもあります。特に、最安値のものには手を出さない。プライドが邪魔しているのでしょうか?

 

大阪の下町もこんな感じで、安くないと売れません。ランチに1,000円以上は使いません。社会人になって、1,000円以上のランチを提供されている場所があって、びっくりしました。

 

この土地の特徴を必ずつかむこと。

 

立地によって、商売の仕方が違います。

 

でも、安いものが売れる土地の方が、売上は上げやすいです。