【お米屋さんの経営課題】ラーメン店に強い米屋になる

【お米屋さんの経営課題】ラーメン店に強い米屋になる

 

意外と、米の消費が多いのはラーメン店です。また、店の数も多いです。だから、ちょっと評判になれば、問い合わせがきます。

 

ラーメン店は、スープや麺については、物凄く研究されていますが、お米に関してはまだまだです。また、そのノウハウが欲しいと思っておられます。

 

だから、スープ別、メニュー別のお米の提案ができること。

 

例えば、ラーメンがメインの店とまぜそばがメインの店では、米のタイプが異なります。

 

あるいは、チャーハンを強化している店でも違ってきます。

 

一つ一つ、どのタイプの米が良いか、店主の方の話をお聞きし、アドバイスできる力を持つこと。

 

さらに、ごはんで売上が上がる企画を持っているかどうか、それも大切です。

 

ラーメン店に強い米屋ですと言えますか?

 

是非、チャレンジしてみて下さい。