【サービスエリア・パーキングエリアの経営課題】土産物離れへの対応策

【サービスエリア・パーキングエリアの経営課題】土産物離れへの対応策

 

観光地などでは、土産物専門店が閉店しています。土産物が売れなくなっています。

 

もう、観光してご近所の方にお土産を買って帰るという風習が薄れているからです。

 

観光地でも、家庭で食べるものが売れています。人にあげるのではなく、自家消費です。

 

このことも考えて、将来の店づくり・売場づくりが大事です。

 

また、土産という言葉自体、人のためではなく、自分のために変化しているのかもしれません。

 

商品を手に取って、家に帰って自分が食べたいかどうか?それが、一つの判断基準です。

 

将来のことも考えて、商品を見直す必要があるかもしれません。