【お米屋さんの経営課題】米屋は場所や地域によって売り方は違いますか?

【お米屋さんの経営課題】米屋は場所や地域によって売り方は違いますか?

 

場所、地域によって違います。生産地と消費地では、異なります。特に、生産地は難しいです。扱うお米のアイテム・銘柄数が少ないため、差別化できません。

 

他県から変わった米を仕入れてもなかなか売れず、頭の痛いところです。

 

また、都心部とは違って、副業でいろんな商品を販売されているところが多いです。肥料や農機具の販売など、都会では見られません。

 

それに、米以外の商品の方が売上が高い場合もあります。

 

総合的にどういう経営をすれば良いのか、考えた方が良いです。

 

都会であっても米卸の数が少ない地域もあります。その場合、他の生産県から攻め込まれます。仕入れルートを開拓しないと売上が伸びません。

 

その土地に合った経営の仕方を見つけること。それが、一つの大きな課題です。