【お米屋さんの経営課題】店頭精米は、パッケージのデザインがない

【お米屋さんの経営課題】店頭精米は、パッケージのデザインがない

 

搗き立てのお米は良いですが、店頭精米の場合、パッケージが見えません。

 

そのため、店内に玄米を並べても、見栄えがしません。

 

米袋は、どんどん進化し、派手で目立つようになっています。その米袋のデザインで売っていると言っても良いくらいです。

 

店頭精米専門店では、この壁をどうやって破るかです。

 

見栄えの良い見せ方、陳列方法が大事です。

 

だから、店づくりに力を入れないと、つまらない売場になってしまいます。

 

店頭精米だからこそ、一工夫必要です。