【お米屋さんの経営課題】店頭精米にすると容量が減る

【お米屋さんの経営課題】店頭精米にすると容量が減る

 

店頭精米に切り替えて、搗き立てを販売する。小型精米機も格段に性能が上がり、商品的には問題はないのですが、販売容量がガクッと下がります。

 

都会では、店頭精米の場合、10㎏・5㎏は出ません。良くて3㎏、普通は2㎏ぐらいです。

 

また、店主の方が、搗き立てを何度も買っていただいた方が良いですというふうに接客されますので、ますます容量は減って行きます。

 

それと、何度も店に足を運ぶのが面倒になり、今まで売れていた量が売れなくなります。

 

店頭精米にして、チラシやポスティングをしてもオープンの時だけお客様がお越しになり、その後は徐々に下降線という店が多いです。

 

一旦、店頭精米に切り替えると、元に戻せません。

 

そのため、精米した商品の店内に陳列される店もあります。

 

また、店頭精米専門で一般消費者向けなら良いですが、業務店や飲食店を数多く持たれている場合は、別途精米工場で商品を作る必要があります。

 

スーパーには売っていない珍しい米があるというだけでは、なかなか売上は伸びません。

 

今後どうするのか、検討する必要がありそうです。