【和牛焼肉専門店の経営課題】席予約だけでなく、メニュー予約があること

【和牛焼肉専門店の経営課題】席予約だけでなく、メニュー予約があること

 

例えば、「チャンピオン牛、入ったら言うてやぁ」と言われます。価格はかなり高いですが、一度は食べてみたいです。それに、一度食べられた方はそのおいしさを忘れられず、必ずまた食べたくなります。

 

同様に、希少部位が入荷したら、お客様に案内してあげて下さい。

 

和牛のハラミの良いものなど、なかなか食べれません。

 

また、予約を受ける時に、メニューの案内をし、召し上がられたいメニューの予約を取って下さい。そうすると、客単価が上がります。

 

それと、普通は安くなっていますという情報をSNSに流していますが、本日入荷した希少部位の情報も効果があります。

 

メニュー予約まで入ると、繁盛店です。

 

是非、チャレンジしてみて下さい。