【飲食業の時流変化】仕出し料理、ケータリングをやるよりも出前館

【飲食業の時流変化】仕出し料理、ケータリングをやるよりも出前館

 

数年前までは、仕出し料理をやりたい。ケータリングをやりたいという相談が多かったです。弁当専門店の方も仕出し料理に参入したいとおっしゃっていました。

 

ところが、食中毒の発生があちこちで起き、仕出しやケータリングは控えるようになっています。また、和食では、それほど売れません。冠婚葬祭のマーケットの縮小気味です。

 

逆に、伸びているのは、出前館のような弁当の宅配です。もう、店を展開する時代ではないです。弁当を作ってお届ける。その方が効率的です。固定費もかかりません。

 

力のあるところは、今後、弁当の宅配に力を入れられるでしょう。

 

店に行かなくても、店で食べれる味が、家で食べれる。本当に便利になりました。

 

飲食業の経営戦略も変えて行く必要があります。

 

弁当の宅配をどう考えるか?

 

それが鍵です。