【焼肉店の経営課題】ロースがうまい店

焼肉店の経営課題】ロースがうまい店

 

昔から、ロースは肩ロースの部分を使用。適度に脂が乗っていて最高。

そのため、こちらの店ではカルビよりもロースがよく出ます。

何十年とこのやり方で来て、評判になっておられます。

 

普通は、焼肉店というと、カルビですが、ロースでも人気店になることができます。

 

それに、通の方は、焼肉店はロースでわかるという方もおられます。

 

ロースという表記は、どの部位の肉でも使えます。だからこそ、こだわった部位を使っているかどうか、すぐにわかります。

 

カルビは脂があり、ロースは脂が全くない肉というような売り方をしていると、売上は伸びません。

 

今後、ロースに注目が集まるでしょう。

 

ロースがうまい店を作る。

 

それも一つの経営課題です。