【お米屋さんの経営課題】一般のお客様を増やす

【お米屋さんの経営課題】一般のお客様を増やす

 

飲食マーケットが1997年をピークに下がっています。それに伴い、小さな飲食店の廃業が増えています。

 

だから、町中の小さな飲食店を攻めても厳しいです。今後、おそらくもっと減って行くでしょう。

 

そうすると、お米屋さんの業務店・飲食店の売上も減る可能性があります。

 

それを想定して経営されていますか?

 

では、固い売上が何か?

 

実は、一般消費者向けのマーケットは、消費量は減っていますが、つかんでおくと伸びます。

 

ここをどうやって伸ばすかです。

 

例えば、希少品種の米やお米ギフトなどでつながっていると、売上は少しずつ伸びて行きます。

 

意外と諦めているお米屋さんもありますが、ここを攻めるべきです。

 

攻めるところを間違えると、経営はおかしくなります。

 

一般消費者に向けて、どうやって攻めるか、それが大きな課題です。

 

今からでも遅くはないです。攻め方、考えて下さい。