【お米屋さんのコンサルティングについて】ちょうど良い大きさのお米屋さん

【お米屋さんのコンサルティングについて】ちょうど良い大きさのお米屋さん

 

初めてお伺いさせていただいた場合、まず店と精米工場を見せていただきます。

 

その時、ちょうど良い大きさのお米屋さんだと感じることがあります。

 

玄米倉庫に精米工場が、大きいと心配になります。

 

順調に売れている時は良いですが、少しでも計画が崩れると危険だからです。

 

ちょうど良い大きさのお米屋さんは、家族経営で固定費もかかっていません。

 

だから、少しでも売上を伸ばせば利益になります。

 

大きくすると、維持するのがたいへん。

 

常に、新規を取ってこないと赤字になってしまいます。

 

大きくすると未来に対する緻密な計画が必要です。

 

ちょうど良い大きさのお米屋さん、利益が上がるようにサポートさせていただきます。

 

大きいよりも小さい方が良い場合もあります。

 

最近、つくづくそれを感じています。