【なぜ米屋が倒産するのか、その理由】精米工場の新設と本社ビルの建設

【なぜ米屋が倒産するのか、その理由】精米工場の新設と本社ビルの建設

 

販売数量が伸びて来ると、今の精米工場では手狭になり、大きな精米工場を建てられます。外から見ると、米卸くらいあります。

 

もう一つは、売上が伸びると、本社ビルを建て、企業化しようとされます。

 

さて、返済・債務のことは考えておられますでしょうか?

 

順調に行ったとしても、過度の投資は危険です。少しでも販売数量が減れば、返済が難しくなります。

 

さらに、価格競争に巻き込まれると、粗利が取れなくなります。

 

米屋が倒産する理由は、この過度の投資にあります。

 

結局、投資しなかったところが残っています。

 

それに、米卸は米の販売だけでなく、加工食品の販売へと舵を切っています。

 

米で伸ばそうと投資した米屋は取り残され、大苦戦。

 

小さく儲けるという経営法もあります。

 

それには、絶対に投資はしない。

 

精米機が古くなっても大きな精米工場は作らないで下さい。