【飲食店の経営課題】昔のピーク時の売上を忘れる

【飲食店の経営課題】昔のピーク時の売上を忘れる

 

もう、月商4,000万円を超える店というのは、ほとんどなくなりました。大型の郊外型和食店など、仕出しやケータリングもあり、物凄い売上でした。

 

でも、いろんな店が増え、法事などが減り、徐々に売上が下がっています。

 

昔を回顧する。これをやっても何も見えてきません。

 

今の実情に合った経営が求められています。

 

月商3,000万円の店を作るのも難しい時代です。

 

その中で、利益を出さないといけません。

 

昔、大成功された方ほど、苦戦されています。

 

新しいものを生み出して行かないと未来はないのかもしれません。