【伸びる会社が考えていること】余力のあるうちにFCビジネスに参入

【伸びる会社が考えていること】余力のあるうちにFCビジネスに参入

 

例えば、建設・土木業の会社がFCに積極的に加盟されています。受注が減り、業績が悪化。まだ余裕のあるうちに、次のビジネスに参入されています。

 

本業の回復が難しいのであれば、それも一つの方法です。

 

FCの展示会に参加してみる。あるいは、気になるFCに問い合わせしてみる。

 

そういう行動から、会社は変わって行きます。

 

あまり、本業に固執し過ぎると、良い結果が出ない場合もあります。

 

未来のことを考えましょう。

 

伸びている会社は、もう次のことを考えています。

 

どうやって会社を維持するか、それが大事です。