【たこ焼き店の傾向】イートインできるタイプが増えている

【たこ焼き店の傾向】イートインできるタイプが増えている

 

大阪では、テイクアウトだけではなく、イートインできるタイプのたこ焼き店が増えています。やはり、イートインは有利です。買って、店の近くで食べたいと思っても椅子がないです。だから、イートインスペースを設けられます。

 

また、最初からお好み焼き&たこ焼きの併設の店を作られます。たこ焼きだけでは、客単価が上がらないため、同じ粉もんのお好み焼きも安く販売されます。

 

ビールは、生ビールではなく、缶ビールで対応。この方が、手間がかかりません。

 

おいしいたこ焼きを販売するだけでなく、さらに売れるように工夫が必要です。

 

今人気は、塩マヨです。ソースではなく、塩マヨで食べるタイプが人気です。

 

このようにソースも変わってきています。進化が早いです。

 

売れるように変えて行く、それが大事なような気がします。