【ある食品スーパーの商品戦略】かつ丼がおいしくなっている(398円)

【ある食品スーパーの商品戦略】かつ丼がおいしくなっている(398円)

 

かつ丼は、弁当・惣菜の中でも人気の商品です。それに、弁当専門店とも競争です。

 

そのかつ丼がおいしくなっていました。ごはんとかつが別々になっていて、温めても卵が硬くなりません。

 

どんどん商品が改良されて行きます。もう昔のイメージとは違います。

 

かつ丼から始まり、いろんな商品の改良が行われていくのでしょう。

 

生鮮三品の強化は限界に来ています。これ以上、何かをしても売上は伸びないと思います。

 

一方、弁当・惣菜はまだまだ伸びる余地があります。

 

何か一品でもおいしく改良して行かないと、お客様は離れて行くような気がします。