【企業の再生・立て直しの難しさ】資金調達ができれば再生可能でしょうか?

【企業の再生・立て直しの難しさ】資金調達ができれば再生可能でしょうか?

 

資金調達ならば、いろんなところからまだ支援してくれるかもしれません。

 

しかし、窮状に陥っているのは、事業の業績が悪化し、売上も利益も下がっているからではないでしょうか?

 

人件費カットやコストカットを行っても本業の立て直しができないと再生は厳しいです。

 

新商品や新サービスが出ていない。事業が止まっている。それが一番の原因です。

 

そうすると、事業そのものにテコ入れが必要になってきます。

 

さて、それが可能かどうか?

 

ここに再生のカギがあります。

 

金融機関もそこを判断しようとされます。

 

M&Aや事業の売却ではなく、自主再建ができるかどうか、そこを見極めることが再生案件の大きな課題です。