【評価制度の終焉と見直し】給料を決めるだけではなく、人を育てる、成長させるものへと変化

【評価制度の終焉と見直し】給料を決めるだけではなく、人を育てる、成長させるものへと変化

 

評価制度、見直しが行われています。給料を決める基準として開発・導入された評価制度、それだけではうまく機能しないからです。

 

一時、評価制度は、物凄く人気でした。依頼も多かったです。しかし、導入しても何も変わらない。そういう現実がありました。

 

見直しを迫られた理由は、人を育てる、成長させるものでないと意味がないことがわかってきたからです。

 

例えば、定期的に個人面談を行ったり、キャリアップ制度のようなものが必要です。

 

また、給料だけでなく、人として育っているかどうか、それも着目されています。

 

今まで導入されてきた評価制度とはここが違います。

 

すでに導入済みのところも見直された方が良いです。

 

給料ではなく、人にスポットライトを当てたもの、それが大事です。