【中小企業の決算書の見方】節税対策?作られた数字なのが、すぐにわかります。

【中小企業の決算書の見方】節税対策?作られた数字なのが、すぐにわかります。

 

毎年、当期利益がプラスマイナス10万円前後。

黒字だったり、赤字だったり。

銀行から、今後大きな借り入れがないのであればこれもよしかも・・・

 

利益が出過ぎると、税金を納める額も大きくなります。それを上手に調整されているのが見えます。

 

大企業や上場企業ではありえない数字の羅列。

すぐに見れば、わかるのですが、おとがめなし。

 

これも一つの方法です。

硬すぎると良くない場合もあります。

 

後は、どうするか、社長と会社が判断して下さい。