【窮状に陥った飲食業の再生について】原価率の低い業態に集約

【窮状に陥った飲食業の再生について】原価率の低い業態に集約

 

赤字店舗は撤退か、原価率の低い業態に変更して集約。これが一番利益が出やすいかもしれません。

 

ところが、この戦略を進めて行くと、半数以上が原価の低い業態になってしまいます。

 

それで、事業を維持できるでしょうか?

 

もし、集約するのであれば、もっと専門特化しても良いかもしれません。

 

中途半端な戦略を取ると、また同じようなことが起こります。

 

それと、客単価の高い業態を安易に作らないこと。こういうタイプの店が一番不採算店になりやすいです。

 

大手から、各業態の整理が始まりそうです。

 

原価の高い業態は、再生・立て直しが難しいです。