【中小企業経営者の課題】税金をいくら納めているかをチェックして下さい。法人税と事業税を年間いくら納めておられますか?

【中小企業経営者の課題】税金をいくら納めているかをチェックして下さい。法人税と事業税を年間いくら納めておられますか?

 

コンサルタントが見る決算書のポイントは、法人税・事業税の額です。どれだけ税金を納めているか、それが会社の力です。

 

それと、粉飾していないかどうか、それもこの税金の額を見ればわかります。

少しでも税金を納めている金額の推移がおかしいとわかれば、総勘定元帳を広げ調べます。

 

でも、中小企業では、納付金額が来ると、それを納めているだけ。なぜ、今期はこの金額なんだろうと調査・分析をされません。

 

また、税理士の先生の説明もなければ素通りです。これは、良くないです。

 

税金については、必ず知っておくこと。調べること。これが、経営者の役割です。

 

決算書は、法人税と事業税から見るようにすることをおすすめします。