【お米の販売戦略】「宮城県産ササニシキあります」

【お米の販売戦略】「宮城県ササニシキあります」

 

大阪でも、最近、栃木県産こしひかりや千葉県産こしひかりを見るようになりました。

関西なのに、関東のお米が流れてきています。どちらも、5㎏1,800円以下で販売されています。

 

産地はもうあまり問わないのでしょうか?

食品スーパーでは、ただ価格だけで選んでいる感じがします。

 

それともう一つ、人気の商品があります。

あるお米屋さんの店頭を歩いていると、「宮城県ササニシキあります」のPOPを発見。

今でも、ササニシキファンがおられるということです。

 

こういう昔ながらの人気商品、もっとPRすべきです。

栽培が難しく収量が少ないため、希少なお米になっています。

 

この手の米は安くしなくても売れます。

 

さらに、「ゆめぴりか」は5㎏2,000円を超えています。2,000円を切ったのをみたことがないです。こちらも根強いです。