【日当で節税対策】従業員数10名以下の場合、就業規則を作らなくても日当規程と出張報告書で節税できます

【日当で節税対策】従業員数10名以下の場合、就業規則を作らなくても日当規程と出張報告書で節税できます

 

意外と、税理士や会計士の先生、社会保険労務士の先生がこの節税の方法をご提案されていません。

 

例えば、親子三代で事業を行っている場合、日当の規程を設けても実際には支給されず、損金算入され、納付する税金が少なくなるだけです。

 

また、従業員数が10名以下ですので、日当規程と出頭報告をしっかりと書いておけば大丈夫です。

 

この節税対策、何かを積極的にするわけではなく、書類を揃えるだけです。

 

特に、出張が多い業界の方にはおすすめです。

 

是非、日当で節税対策を行って下さい。

 

詳しい話をお聞きになりたい方は、弊社まで問い合わせ下さい。お付き合い先の税理士や社会保険労務士の先生にも私から事情を説明させていただきます。