【節税対策の大切さについて】年商1億円超えているのに、節税対策を行っていない

【節税対策の大切さについて】年商1億円超えているのに、節税対策を行っていない

 

年商1億円超えているのに、節税対策を行っていないと、納付する税金の金額がおそらく数百万円は変わってくると思います。

 

中小企業で一番嫌なのは、キャッシュアウトです。

 

売上や利益の大小ではないです。流れて行くお金をどうやって止めるかを考えないといけません。

 

売上を上げるだけでなく、損金算入できるものを見つけ、節税体躯を行う。これが最も大切なことです。

 

しかし、実際には、会社や社長がそれを行うことは難しいでしょう。だから、少々お金はかかっても、腕の良い税理士の先生や経営コンサルタントと付き合って下さい。

 

それが、最大の課題かもしれません。