【大阪のたこ焼き店の経営戦略】イートインできること

【大阪のたこ焼き店の経営戦略】イートインできること

 

「店内で食べることはできません」というPOPを貼っている店もありますが、圧倒的にイートインできる店の方が売れています。

 

たこ焼きというと、テイクアウトのイメージがありますが、大阪ではちょい飲みにぴったりの食べ物。それに安いです。居酒屋でなく、たこ焼き店で済ますという方も多いのではないでしょうか?

 

それに、たこ焼きは、大好物。毎日でも飽きないという方もおられます。

 

たこ焼き店を始めるなら、最初からイートインスペースを設けて出店した方が良いです。

 

また、小さな店では、生ビール等が提供できないため、すべて缶で出している店もあります。

 

しかし、冷えた生ビールを安く提供すると、集客効果が上がります。

 

夏は、生ビールにたこ焼きで決まりかもしれません。