【土用の丑の日の変化について】土用の丑の日は、うな重に代わって肉を売る?

土用の丑の日の変化について】土用の丑の日は、うな重に代わって肉を売る?

 

一部、デパ地下などでは、土用の丑の日は、うな重に代わって肉を売るのが流行っているそうです。

 

どうしても鰻は高くなります。肉なら、1,000円以下で弁当が作れます。

 

それに、鰻が嫌いな方もおられるため、このような売り方をされているそうです。

 

鰻を真似た商品よりも肉を売る方がわかりやすいです。また、お客様も肉は大好きです。

 

店頭で鰻にするか、肉にするか迷ったら、肉に手が出るかもしれません。特に、お子さんがおられる家庭では、肉に行くような気がします。

 

このように、土用の丑の日に肉を食べる文化が根付くかもしれません。

 

どう変化して行くか、注目です。