【ある食品スーパーの投資戦略について】セミセルフレジか、ポイントカードか

【ある食品スーパーの投資戦略について】セミルフレジか、ポイントカードか

 

ある超繁盛食品スーパーが、やっとポイントカードを発行されました。

元々、繁盛されていて、地域の方に支持されているため不要でした。とにかく、地域一番の安さで商売をされています。

 

また、どの食品スーパーもセミルフレジを導入されています。今、導入されていない店は、投資の余裕がなかったり、閉店の予定があるところです。

 

でも、こちらの食品スーパーは、セミルフレジにされていません。実は、セミルフレジにすると、今よりもスペースが必要になります。そうすると、売場を削らないといけません。

 

それに、この繁盛スーパー、レジが物凄く速いです。他のどの店よりも早いため、セミルフレジにする必要はないです。

 

結局、セミルフレジは導入されず、ポイントカードの発行を選ばれました。

 

お客様からすると、セミルフレジになってもメリットはないです。それよりもポイント〇倍セールの方が、魅力があります。

 

投資は、お客様が喜ぶものにする。これが、鉄則です。

 

でも、〇倍の日、ちょっと怖いです。

 

物凄い数のお客様になると思います。