【正しい節税対策について】決算書は、毎年いくら税金を払っているかを見て下さい

【正しい節税対策について】決算書は、毎年いくら税金を払っているかを見て下さい

 

売上や利益の額ではないです。税金をいくら納めているかです。

 

なぜかと言いますと、キャッシュアウトすることが、経営では良くないからです。できるだけ、キャッシュアウトを少なくする。そのために節税対策を行います。

 

売上や利益の額が、帳面上、上がってもその額がそのまま現金となって返ってくるわけではないです。

 

経営を安定化させるためには、出て行くお金を抑えて下さい。

 

急に、大きな税金が来たら、会社はたいへんです。

 

だから、できるだけ早めに節税対策を行うこと。

 

理想は、毎月の試算表を見ながら行うのが良いです。

 

会社の規模や状況に合わせて、適正な税金の額になっているかどうか、それが一番大事です。