【焼肉店のメニュー作りについて】「○○風」よりも「本格派」

焼肉店のメニュー作りについて】「○○風」よりも「本格派」

 

○○風というメニューは作りやすいです。しかし、飽きられます。それに、本物志向になっているため。すぐに売れなくなります。

 

居酒屋なら○○風で通用しても、焼肉店では厳しいです。本物かどうか、本格派かどうかは、お客様はよくご存知です。

 

勝負するなら、本格派で勝負。どこにも負けないメニューを作って下さい。

 

これは、ちょっと何か違うなぁというようなメニューは作らない。出さない。

 

それが、繁盛焼肉店づくりの鉄則です。