【お米屋さんの経営課題】全国版の広告とエリアマーケティング

【お米屋さんの経営課題】全国版の広告とエリアマーケティング

 

あなたがネット広告を出そうと思っている商品は、全国版の商品ですか?エリア限定のっ商品ですか?

 

これが、ごっちゃになっている場合があります。

 

例えば、地域の文化の商品なのに、全国版の広告を打っている。これでは意味がないです。

 

「新潟こしひかり」や新品種のお米を全国版の広告で売るというのは良いですが、地域のことは地域限定で広告を打つこと。

 

ネット広告でもエリアを絞って打つことができますので、上手に打って下さい。

 

大阪では、ハレの日にお餅やお米をいただくという風習がありません。だから、お米屋さんもそこは手を出されません。一方、飲食店の数は物凄く多いです。そのため、業務店様・飲食店様向けのお米の開発が進んでいます。

 

このように、同じお米屋さんでも地域によって攻め方が異なります。

 

エリアをどうやって攻めるか、それを考えて広告を打つのが良いです。