【企業の再生・立て直しが難しい案件について】社長と銀行の仲が悪い

【企業の再生・立て直しが難しい案件について】社長と銀行の仲が悪い

 

社長は、銀行の方の顔を見るのも嫌だと言って。会議に参加されない。参加するのは、銀行の方がいない時だけ。

 

業績が順調な時はそれでも良いかもしれませんが、窮状に陥っていて、銀行から支援協力を仰がない場合は良くないです。

 

真摯に対応されないと、継続支援はないです。

 

そこで、社長に説明し、説得します。嫌でも会議には出席して、席に座っていただきます。

 

発言もしたくないなら、旗振り役の役員や経理部長の方に話を進めていただきます。

 

でも、銀行とは良好な関係を築いていた方が得です。経営者は、それを理解すべきです。

 

銀行と喧嘩しても良いことは一つもないです。

 

社長!折れて下さい。

 

再生できるまでは我慢です。