【働き方改革について】社内で罵倒する上司・先輩がいないようにするために就業規則を作る

働き方改革について】社内で罵倒する上司・先輩がいないようにするために就業規則を作る

 

社内で罵倒している社員はいませんか?それ、パワハラです。

昔は、それが普通の会社もありましたが、今は絶対にダメです。

 

また、そういうことをしないようにと直接本人に注意してもなかなか直らない場合があります。

 

そこで、きっちりと就業規則を作って、防ごうとされます。もしものことを考えると、就業規則を整備されていた方が良いです。

 

本人もどういう処分が下されるかわかるはずです。

 

本当に、社内の環境は大きく変化しました。小さなパワハラが当たり前の時代から、どんな小さなことでもやってはいけない時代に変わっています。

 

気付いていない古手の社員の教育、しっかりと行って下さい。