【小売業の現状と課題】冷夏の影響で7月の売上が物凄く悪い

【小売業の現状と課題】冷夏の影響で7月の売上が物凄く悪い

 

7月、昨対10%以上下がった店もあったようです。これでは、年間通して昨対を超えるのは難しいです。最盛期の7月が悪いと立て直しが厳しいからです。

 

猛暑よりも冷夏の方が痛いです。取り返せないです。

 

さらに、ゲリラ雷雨が多く、実質営業できない時間帯が増えています。

 

そのため、売れる時に売ることを考えないといけません。例えば、日曜日だけでも営業時間を1時間早める。超特売の日にする。

 

異常気象は続くと思われます。それに向けた、対応策を店も考える必要があります。

 

涼しくて過ごしやすかったというのは一般消費者の方の感想であって、店にとっては大打撃。

 

終盤戦、巻き返しを図って下さい。