【経営コンサルタントの活用の仕方について】経営を指南してくれる人が身近にいますか?

経営コンサルタントの活用の仕方について】経営を指南してくれる人が身近にいますか?

 

最近多いのが、1時間強の経営コンサルティングです。試算表を見ながら、経営全般のアドバイスを行います。

 

社長や奥様も忙しいので、それ以上の時間は取れません。だから、集中して話を聞かれます。

 

この月数回のコンサルティングで、会社は変わって行きます。具体的に試算表の中身を改善して行き、節税対策を行ったり、有効な投資策を考えて行きます。

 

数か月も経つと、見違えるような数字になります。

 

利益が出ている時こそ、キャッシュアウトを少なくし、納付する税金を少しでも少なくすることが大切です。

 

これは、プロのアドバイスがないと難しいです。

 

その話、聞いていなかった、知らなかったということがよく出てきます。

 

やはり、経営のことを一番よく知っているのは、経営コンサルタントです。上手に活用されることをおすすめします。

 

経営を指南してくれる人、必ず周りに付けておいて下さい。